家事代行・保育園|ビル管理・清掃・警備
京急サービス株式会社
ホーム 会社案内 採用情報 サイトマップ プライバシーポリシー お客様相談窓口

ホームビルクリーニング<定期清掃(カーペット)      
定期清掃(カーペット)

日常清掃 剥離清掃 定期清掃(ワックス掛け) 定期清掃(カーペット) ガラス清掃  
給排気口清掃   照明器具清掃   その他の業務   お問い合わせ        

定期清掃(カーペット)

カーペットは、汚れがハードフロアに比べて目立たない分、定期清掃の回数が年に1〜2回で済ませているところが多いようです。しかし、実際に作業を行ってみると、土砂等がパイルの奥に入りこんでしまっており、その汚れをとるのが困難です。日常清掃でバキュームしておくことが大切です。

作業前打合せ
作業前打合せ 作業前の打合せは非常に大事なことです。私たちは、出来る限り効率的に業務を行い、最高の成果を残すように常に心がけています。

【備 考】
効率的に業務を行うために、清掃員の一人ひとりが同等の技術を習熟する よう技術の向上に努めています。

洗浄(スクラブ)
洗浄(スクラブ) 前処理剤を撒いたら、パイルの奥まで洗剤が浸透するようにポリッシャー等 にてカーペットを洗浄します。この時、水の出し過ぎに注意します。

【備 考】
OA機器の配線が床下に埋設してあるフロアについては、この方法は適切とは言えません。

すすぎ(エクストラクション)
すすぎ(エクストラクション) 洗浄後は、カーペットから浮いてきた汚れを回収するために、左図の機械を 使用します。この機械は、噴出口から霧状の清水を噴射しながら汚れを浮か せて吸い込む仕組みになっているので、水の残留を最小限に抑えることが 出来ます。

【備 考】
このタイプのものにスチーム機能を取り付けたものもあリ、温水ですすぐことで、
洗浄効率をアップすることができます。

乾燥
乾燥 汚水を回収した後、さらに床面を乾かすためにポリッシャーに綿パッドを取り付けて水分を吸収させます。カーペットに乾拭きをかけるイメージです。

【備 考】
カーペット洗浄には、ご紹介したものの他にドライ、セミドライ方式等があり、 カーペットの素材や汚れの頻度を考慮し、管理方法を変更したりします。

事業案内
介護のお手伝い
保育園
セキュリティ
ビルメンテナンス
ビルクリーニング
家事代行